よくある質問

免疫細胞療法について

  • 免疫とは何ですか?

    感染症にかかった人が同じ感染症にかかりにくい現象から、外からやってきた異物に一度はやられても二度目には対応できる獲得免疫(後天的)のイメージが定着しました。今日では、私たちの体に生まれながら備わっている自然免疫があることや、外からくる異物ではなく体内で発生するがんを排除する役割も知られています。また自分自身の体を攻撃して自己免疫疾患という様々な病気を起こす免疫の暴走も知られています。免疫の担い手となる免疫細胞にはたくさんの種類があります。その中でがん細胞を攻撃する代表格はナチュラルキラー細胞です。

  • 免疫細胞療法とはどのような治療法ですか

    簡単に言うと、患者様自身のリンパ球を採取し、がん細胞を傷害する免疫細胞を体外で増殖・強化してから体内に戻し、がんを攻撃させようという治療法です。
    薬を投与して免疫細胞をコントロールしようとすると刺激が強すぎたり、不必要な免疫細胞の暴走を招いて副作用も激しくなります。体の外で必要な免疫細胞だけを増強するのが免疫細胞療法です。
    免疫力の低下しているがん患者様は、がん細胞を見分けて攻撃するナチュラルキラー細胞の力が落ちています。このナチュラルキラー細胞を活性化するがん治療法が、「免疫細胞療法」です。現在、免疫細胞療法にはいくつか種類がありますが、がんを攻撃するのが得意なナチュラルキラー細胞だけを増強するのがANK免疫細胞療法です。

ANK免疫細胞療法について

  • ANK免疫細胞療法とその他の免疫治療との違いを教えてください

    免疫細胞療法にはリンパ球を培養するものと樹状細胞を培養するものがあります。リンパ球の中で、がん細胞を攻撃する能力が高いナチュラルキラー細胞だけを増強するのがANK免疫細胞療法です。それ以外のものはナチュラルキラー細胞療法とか、T細胞や他の細胞の名称で呼ばれていても中身は大量のT細胞にナチュラルキラー細胞が少し混じった「一般法」です。まずスケールが桁違いです。またANK免疫細胞療法は免疫刺激が強く発熱などの免疫副反応が点滴の度にはっきりと現れます。一般法や樹状細胞療法は点滴をしても若干の微熱などを除いてほとんど免疫副反応がありません。

    詳しくはこちら
  • ANK免疫細胞療法はどのようながんに効き目がありますか

    ANK免疫細胞療法は、がんの部位は問いません。
    手術や放射線などの局所療法は、がんの部位が、重要な意味を持ちます。ANK免疫細胞療法は全身療法ですので、全てのがんが治療対象になります。
    標準治療では困難な進行がんや治療法の確立していないがんにも有効です。がんの部位によって有効性に大きな違いはないと考えられます。

    重要なのは患者様の免疫状態です。化学療法などの標準治療の後で、免疫が極端に落ちている状態だと、ANK免疫細胞療法が難しい場合があります。また、白血病で血液中のがん細胞の数が異常に多い場合は、化学療法などで、がん細胞の数を減らしてからでないと、治療不可となります。

    詳しくはこちら
  • 健康保険は適応できますか?

    ANK免疫細胞療法は自由診療ですので、健康保険は適応できません。旧薬事法は医薬品の健康保険適応を前提に作られ、細胞そのものを使う治療を承認申請するのは無理があったのですが、薬機法※という新しい法律に代わり、細胞医療の承認申請が可能になりました。ANK免疫細胞療法も承認申請の準備を進めていると聞いていますが、申請には莫大な費用や時間がかかるそうです。 

    ※医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(略称:医薬品医療機器等法、薬機法)

治療について

  • ANK免疫細胞療法の治療の流れを教えてください

    ANK免疫細胞療法にご興味のある方は、まず当院の医師とのご面談が必要です。0120-763-418まで、まずは面談のご予約をお願いします。担当者が医師との面談の予約をお受けします。

    詳しくはこちら
  • 何故ANK免疫療法1クールを12回に分けるのでしょう

    ANK免疫細胞療法1クールを12回の点滴に分ける理由は、治療の強度をコントロールして安全性を担保するためです。
    活性を高めたナチュラルキラー細胞を一度に大量に投与すると、大きな腫瘍が一度に壊死を起こして崩れてしまう可能性があります。腫瘍細胞の中身が一度に大量に放出されるとカリウムショックによる心停止をはじめ生死にかかわるリスクがいくつもあります。そこで、ANK免疫細胞療法では1回の点滴で投与する量を調整し、免疫を強く刺激しながら、体内の強い免疫抑制が一気に開放されるその手前で止めるようにしています。それ以上では危険、それ以下では効果が落ちるというデリケートなレンジで免疫への刺激をコントロールしています。

  • 他の治療との併用は可能ですか

    ANK免疫細胞療法と他の治療との併用は可能です。むしろがん標準治療の中心になっている三大療法(手術・放射線・化学療法)との併用が望ましいです。三大療法はいずれの治療に際しても免疫に大きなダメージを与えます。せっかく治療をしても、その後のがん転移・再発を防ぐのは困難になります。
    これらの欠点を、ANK免疫細胞療法で併用で補うことができます。ANK免疫細胞療法は、活性化されたナチュラルキラー細胞を血流にのせて全身にくまなく循環させるからです。

    詳しくはこちら
  • 化学療法治療中ですが、問題はありますか?

    化学療法治療中の場合、長く治療を続けると、免疫細胞は傷つき免疫が低下します。可能な限り、早いタイミングで、リンパ球を採取して、培養を始めることが望ましいので、当院の医師に相談してください。 化学療法投与と同時にANK免疫細胞療法の点滴を行うことは原則ありません。折角のANK細胞が、化学療法によって傷つけられる、ということと、化学療法投与によって、異常化した正常細胞を、ANK細胞が攻撃する可能性があるためです。

  • ANK免疫細胞療法の副作用について教えてください。

    副反応として、悪寒、発熱が主な副反応ですが、関節の痛み、吐き気、頭痛、患部痛などがある場合もあります。

    悪寒について
    点滴後しばらくすると、激しい震えと悪寒が生じる方がいらっしゃいます。これは、培養ナチュラルキラー細胞が引き起こす免疫反応の結果として生じるものですので、ほどなくおさまります。

    発熱について
    強い免疫刺激の結果として、発熱は避けられません。40度近くになることもありますが。人によってまちまちです。免疫レベルが下がっていると、激しい発熱がでる可能性が高くなります。初回。2回目には激しく発熱し、3回目以降に落ち着いていくことが多いです。

    詳しくはこちら
  • ANK免疫細胞療法とは
  • 特徴と安全性
  • 治療の流れ・費用
  • 他療法との併用
  • よくある質問
超高濃度ビタミンC療法

アクセス

〒460-0003
名古屋市中区錦三丁目15番5号 エルテビル7階