特徴と安全性

体外培養

体内から採り出したナチュラルキラー細胞を体外培養によって活性化・増殖し、体内に戻します

人体から採り出した「野生型」のナチュラルキラー細胞は活性が高ければどの様ながん細胞でも傷害することが知られています。ところがナチュラルキラー細胞は増殖スピードが遅いため、細胞数を揃えるには大量に採取する必要があります。

そこでANK免疫細胞療法では、血液成分分離装置を用いて、5~8リットル位の血液を体外に循環させながらナチュラルキラー細胞を含むリンパ球集団を分離採取します。血液成分の大半は体内に戻しますので「血液が減る」ことはありません。また血液中の全てのリンパ球を採り出しても、血液の外にはその100倍以上のリンパ球が存在しますので「リンパ球が減る」心配はありません。

リンパ球分離採取

リンパ球の分離採取には準備も含めて3時間ほどかかります。化学療法で血管が傷んでいる方や持病をお持ちの方など大量の血液を体外循環させることに不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。リンパ球分離採取にあたっては、医師が血管の状態をみた上で診断をしますのでご安心ください。なお、リンパ球の分離採取ができない場合には注射器で全血採血を行うこともあります。詳しくは医師が面談の際に説明します。

採取された「濃縮」リンパ球は、京都の細胞培養センターまで採取当日の内に持ち込まれます。細胞搬送の専門業者に運んでもらうか、あるいは運ぶ人をご自身が手配されても構いません。

培養細胞の点滴

培養細胞を点滴で体内に戻す

培養細胞は点滴で体内に戻します。治療日程は、化学療法のスケジュールなどや患者様のご都合に合わせて調整します。原則は2~3日おき、週に2回の点滴です。培養された細胞は凍結保管されていますので治療スケジュールは柔軟に設計できます。

点滴

培養細胞に期待される作用は主に以下の三つです。
①培養ナチュラルキラー細胞が体内で直接がん細胞を攻撃し、傷害する
②培養ナチュラルキラー細胞が体内で免疫刺激物質を放出することで、体内に眠る大量のナチュラルキラー細胞を目覚めさせる
③体内の免疫抑制が緩和されることで細胞傷害性T細胞(CTL)※が、がんへの攻撃に加わる
※CTLはT細胞の一種で、ごく一部が特定のがん細胞だけを攻撃します。

ANK免疫細胞療法の科学的背景など詳細はこちら

副作用(副反応)

免疫細胞療法の場合は副反応と言いますが、薬の場合の副作用という言葉に相当します。ANK免疫細胞療法の点滴後には様々な免疫副反応を生じます。免疫副反応の出方は人により様々です。その中でもほとんどの方に生じるのが発熱、次に多くみられるのが悪寒です。他は様々なものですが、風邪の症状から喉の痛みや咳を除いたものというイメージです。詳しくは医師にご相談ください。

いずれも一過性のもので時間が経つと治まります。

点滴

ただし、初回点滴時には、発熱の波が何度か繰り返すことがあり2~3日は様子を見る必要があります。2回目以降は、何日も熱が続くことはなくなり、様子もわかり、症状も落ち着いてきます。
ごくまれに初回、2回目にほとんど反応がなく3回目以降に強い反応が出る人もいます。

副反応の対処については、面談の時に詳しくご説明します。

多様ながんへの適用

がんの部位や種類を問わず、血液のがんも治療できます

ナチュラルキラー細胞は体中を巡り、がん細胞を見つけ次第攻撃するのが本来の性質です。そのナチュラルキラー細胞を用いる治療ですから、対象となる「がん」の部位や種類を問いません。

ただし、脳腫瘍や脳転移の場合は、制限や特殊な条件がありますので、面談時にご相談ください。

CTL療法

CTLは条件が合えば無償で提供します

T細胞の中に非常に稀に特定のがん細胞だけを傷害する細胞傷害性T細胞(CTL)が存在します。数十ミリリットルの採血量ではがん細胞を傷害するCTLがほとんど存在しませんので、リンパ球分離採取による大量採取が必須です。CTL療法では、リンパ球分離採取で得たT細胞集団と患者様の生きたがん細胞(標的)を一緒に培養し、標的がん細胞と型が合うCTLだけを大量増殖させ、点滴で体内に戻します。

CTLは活性が高い状態で型が合う標的細胞と接触すると爆発的に増殖させることが可能で、その際に樹状細胞やペプチド抗原などは必要ありません。CTL療法では実際に、顕微鏡の下で、生きているがん細胞を傷害することを確認します。但し、手術後の腫瘍標本などを標的にCTLを作製する場合は、生きたがん細胞ではないため、がん細胞の傷害を確認できません。
※CTLの培養費用は無料ですが、いくつかの条件があります。
詳しいことは面談の際に、医師とご相談ください。

分子標的薬の併用

ナチュラルキラー細胞ががん細胞を傷害する効率を高める分子標的薬の併用も検討します

分子標的薬そのものは、がん細胞を傷害しませんが、免疫細胞などの正常細胞も傷害しません。がんの増殖にブレーキをかけたり、体内のナチュラルキラー細胞の活性を高める作用(ADCC活性)により、治療効果を発揮することを狙って用いられます。分子標的薬が使えるかどうかは医師が慎重に検討し判断します。その上で患者様が投与に同意された場合は、ANK免疫細胞療法との併用を行います。

通院治療

仕事を続けながら、治療を受けることも可能です。

ANK免疫細胞療法は通院治療です。治療後の副反応の程度は人によって違います。点滴当日だけは仕事を休まれる方や、時間を調整して仕事を休まない方もいらっしゃいます。

  • ANK免疫細胞療法とは
  • 特徴と安全性
  • 治療の流れ・費用
  • 他療法との併用
  • よくある質問
超高濃度ビタミンC療法

アクセス

〒460-0003
名古屋市中区錦三丁目15番5号 エルテビル7階