アモーレクリニック

名古屋・栄の美容整形アモーレクリニック

WEB予約・相談 LINE予約
アモーレクリニック0120-763-418
受付時間 9:30 - 20:30
美容外科

傷跡修正の手術でできることとは?除去方法について詳しく解説

傷跡修正の手術でできることとは?除去方法について詳しく解説

皮膚に残る傷跡は、過去の外傷や手術、そしてニキビなどの肌トラブルによって形成されることがあります。

これらの傷跡は、外見に自信を持たせる上での障害となることもあります。

しかし、傷跡修正の手術を知ることで、新たな可能性が開けることをご存知でしょうか?

今回この記事では、傷跡修正の手術について詳しく解説していきます。

傷跡修正とは

傷跡治療は、手術後の縫合跡、事故による傷跡、やけど跡、リストカット跡、根性焼きの跡など、体に残った不完全な傷跡や手術跡を美しく修正する方法です。

傷跡修正は単に縫合するだけでなく、長期的に見て美しい傷と自然な形状に仕上げることを目指し、豊富な経験が必要となります。

傷跡修正でできること

アモーレクリニックでできる傷跡修正は以下が挙げられます。

• リストカットの跡
• 他院で受けた傷跡修正の傷あと
• ピアスのホール閉じ、ピアスで耳が裂けてしまった
• 妊娠線、急なダイエットによる肉割れ線
• ケガ、手術による傷跡
• 子供の傷跡を残したくない
• 根性焼きの跡
• ケロイド

アモーレクリニックでは絶対に「傷を完全に消します」とは約束しません。医師が「完全に消します」と言った場合、注意が必要です。

傷跡修正手術の目標は、目立つ傷を目立たないもの、他人に気づかれない傷、結局自分自身でも見つけられないような傷に変えることです。また、傷の特性を変えることも考慮します(例:リストカットの傷を別の傷に変え、自傷行為の過去を隠す)。

傷跡の性質は多くの点で変えられます。例えば、汚い傷をきれいな傷に、痒みや痛みのある傷を痛みのないものに、色のついた傷を白い傷に、幅の広い傷を細い傷に、膨らんだ傷を平らな傷に変えることが可能です。

これらの変化を実現するために、「汚い・綺麗、膨らんだ・平らな…」など、必要な形容詞の数が多いほど、手術の結果として得られる利点が大きくなります。

傷跡修正の種類:除去方法

アモーレクリニックでできる傷跡修正の種類は以下が挙げられます。

• ダーマペン
• レーザー治療
• 切開法
• ハクサク法
• 皮膚移植法

それぞれ詳しく解説していきます。

ダーマペン

アモーレクリニックでできる傷跡修正の1つ目は、ダーマペンです。

ダーマペンは、従来のダーマローラーに比べて、肌への負担が軽減され、痛みや赤みもほとんどありません。

ダーマペンには極細の針が備わっており、肌にほんの小さな穴(傷)をほんのり刺し、肌を刺激します。

この微細な傷が回復する過程で、成長因子が増加し、真皮層のコラーゲンも増え、傷跡が目立ちにくくなります。

特に、ニキビ跡に対しては非常に効果的です。1秒間に約100回の振動で、皮膚に微細な傷を付けるので、非常に精密で痛みがほとんどなく、治療時間も短いです。

通常、ダーマペンには複数回の施術が必要です。

レーザー治療

アモーレクリニックでできる傷跡修正の2つ目には、レーザー治療があります。

レーザーは傷跡の色を薄くするのに役立ちます。これを色素沈着と呼び、レーザーを使って傷跡に照射するたびに、色が薄くなり、目立たなくなるまで何度か繰り返します。

切開法

アモーレクリニックでできる傷跡修正としては、切開法も挙げられます。

切開法は傷跡の修正方法で、現在の傷を切り取り、縫い合わせます。

縫い合わせた部分は通常、7日から14日後に縫合糸を取り除きます。その後、肌色のテーピングで傷を保護します。

手術方法は、傷の場所によって異なり、顔、腕、関節などの部位に合わせて、さまざまな外科技術を用います。結果として、ほとんど目立たない傷を作り出すだけでなく、機能の向上も目指します。

アモーレクリニックの形成外科医や美容外科医が施す縫合は非常に細かく、驚くほど美しい傷跡に仕上げます。

理由は簡単で、美しい結果を求められるため、日々目や鼻などの繊細な手術を行っており、その技術と道具を傷跡の美化に真剣に活用しているからです。他のクリニックが真似できないのは当然のことです。

手術後は傷の広がりや盛り上がりを抑えるために、肌と同じ色のテープで保護します。傷跡修正は、当院で特に力を入れている治療の一つです。

ハクサク法

アモーレクリニックでできる傷跡修正では、ハクサク法も取り入れています。

ハクサク法は、通常、多数の散在する傷跡を効果的に取り扱う際に使用されます。

例えば、リストカットや根性焼きなどの多くの小さな傷跡が一つの場所にある場合、ハクサク法はこれらの傷跡をまとめて取り扱い、より均一で目立ちにくい傷跡を生み出します。

このハクサク法は、傷跡の状態や位置に応じて異なるアプローチが採用され、患者さんの外観と機能の回復をサポートします。

皮膚移植法
アモーレクリニックでできる傷跡修正には、皮膚移植法もあります。

皮膚移植法は、広範囲な傷跡修正や治療に適用される手法です。この方法は、主に入れ墨除去や大面積の傷跡の修正などに頻繁に使用され、患者の皮膚を改善するのに貢献します。

皮膚移植法では、通常、太もも、お尻などの健康な皮膚部位から皮膚を摘出(採皮)し、患者の傷跡部位に移植します。このプロセスにより、傷跡部位に新しい皮膚を供給し、見た目と機能の回復を支援します。

傷跡修正に関するよくある質問

傷跡修正に関するよくある質問に以下で回答します。

レーザー治療とダーマペンはどちらが効果ある?
アモーレクリニックのおすすめはダーマペン治療です。

まず、ダーマペンの治療費が比較的安価であることが挙げられます。一方、フラクショナルレーザー治療は機器のコストが高く、治療費に反映される傾向があります。

両者は同じ目的を持つ治療法で、皮膚の真皮層に微細な傷を与え、それが回復する過程で肌を改善するメカニズムを共有しています。

ですが、ダーマペンは、狙った深さで確実に施術できます。フラクショナルレーザー治療は、設定に依存するため、設定が微妙にズレてしまうと目的の深さに照射できないことがあります。

傷跡とは、瘢痕組織の集合体です。ただし、瘢痕組織だけを治療しても、満足のいく結果は得られません。

ダーマペン治療では、正常な組織と瘢痕組織の境界を感じながら、深さを微調整することが可能です。そのため、同じ回数の治療でも、ダーマペンのほうがより良い結果をもたらすことが多いのです。

傷跡修正で皮膚の凹みも改善できますか?
傷跡修正の一環として、皮膚の凹みやくぼみを改善することが可能です。

手術においては、ダーマペンなどの治療方法が効果的な選択肢として挙げられます。

傷跡や皮膚の凹みは、過去の外傷、手術、ニキビ跡、または他の皮膚問題によって形成されることがあります。これらの凹みは、皮膚の表面に不均一なくぼみを生じ、外見的な不満を引き起こすことがあります。

ダーマペン治療はこのような皮膚の凹みを改善し、滑らかで均一な肌を取り戻すための効果的な方法です。

傷跡修正で新たな自信を手に入れよう

今回は、傷跡修正の手術に焦点を当て、その可能性と除去方法について詳しく解説しました。

皮膚に残る傷跡や瘢痕は、自己肯定感を傷つけ、外見に不安を抱かせることがありますが、専門的な手術によって解決できることが多いのです。

しかし、手術前には専門医との十分な相談と評価が必要です。また、手術後のアフターケアも大切です。

アモーレクリニックは、傷跡修正の分野で長年の経験を持つ専門医と最新の技術を組み合わせて施術を行っています。

美しい肌と新たな自信を手に入れるために、アモーレクリニックに相談してみてください。

傷跡修正の手術でできることとは?除去方法について詳しく解説

本記事は、日本形成外科学会、日本美容外科学会(JSAS及びJSAPS)所属のアモーレクリニック院長鈴木秀明医師の監修のもと、内容の正確性や信頼性を確認しています。